VR(バーチャルリアリティ)にものすごい興味津々です。夏のイベント的に様々なところでやってますね。

獣医領域で仕事をしはじめて、気がつけば映像関係の仕事をしているわけですが、だからといって特に意識しているわけでもなく目に止まります。

VRの技術もまぁまだもちろんまだ完璧じゃないんでしょうけど、以下にあるようなジョイポリスのグループミッションをこなすVRなんておもしろそうです。
動画↓

ゴーグル付けて、背中にザックしょって、銃的な物をもって…もう気分はどう考えたって勝手に盛り上がります。

手術や診察なんかも将来は学生や新人獣医師に教える時に実際に動物を使ってやるのではなく、こういった技術がどんどん入り込んでくるんでしょうね。

術前に手術の状況をイメージして挑むというのはありますが、もしかすると将来はVRで仮想的に手術を体験して実際に施術に入る、なんてことも出てくるのでしょうね。

あとは立体視(3D)動画◯◯先生の視線でする手術、とか。

もう医療と映像の分野っていろいろ組み合わせできそうでワクワクが止まりません。

1